紫外線の量と陽焼けの影響について

紫外線に入ってるa波は、ガラスを通り抜けてしまう特徴をもってる為、部屋に居るときでも日焼けのケースがあります。紫外線には、a波・b波があります。B波は曇りの日など天候で増減するのですが、そうだとしても地球に注いでいる紫外線の1つではあります。

1年のうち、紫外線の照射量が最も高いのは5~9月だといわれています。5月の日光はまだ夏のような強さがなく、まだ紫外線の対策はないと考えている方も数多くいる様なんです。だんだん服装が多くなって、袖丈や、ズボンの丈がショートになってきますので、それこそ紫外線の対処方法が必要になるんです。

汗をかいてしまうことも、夏の紫外線の対処方法で注目したい所なんです。日焼け予防クリームは汗で消える事があり、頻繁に直して、日焼け止めのクリーム効果を保持しましょうね。

紫外線を遮断してくれる期待がどの位あるかは、日焼け止めのクリームによって変わるので、SPF値などをみて、自分に丁度よいのを探します。SPF値の大きい日焼け止めクリームの一回大量に塗っておくよりも、数が少ない日焼け止めクリームを頻回につけたほうが日焼け止めのクリームの効能が良いといいます。

日焼け止めを利用する際は、肩や、鼻、おでこのような、紫外線をうけている所は、数回塗り直してください。

午前10:00から、午後2時までの間は、紫外線がすごく多量ということを踏まえ家を出るようにすると良いです。紫外線の強い時のみではなく、年間を通し、紫外線の対策を気にすることが皮ふの為です。