紫外線の量と日焼けの関係について

紫外線に含まれているA波は、ガラスを通ってしまう性質をもつ為、家の中に居るときでも日焼けのケースがあるんです。紫外線には、A波とB波があります。B波は雨の日など天候で増減するのですが、それでも空に降っている紫外線の一つであります。

一年の内に、紫外線の照射量がいちばん上昇するのは5~9月だと言われます。5月の太陽光線はまだ夏みたく強さがないため、まだ紫外線の対処は要らないと思っている人も数多くいるようです。徐々に服装が増えていき、袖や、パンツの丈がショートになって来るので、そんな時こそ紫外線の対処法が大事になります。

汗をかくということも、真夏の紫外線の対策で意識したいとこなんです。UVカットは汗で流れていく事があるので、しょちゅう塗り直して、日焼け止めの効果をキープしましょう。

紫外線をカットする効能がどの位あるかは、日焼け止めクリーム毎に違いがあるため、SPF値などを参考にして、自分にピッタリな商品を探します。SPF値の高めの日焼け止めのクリームを1回沢山つけておくより、値が少ないものを何回もつけたほうが日焼け止めクリームの作用が良いと言われます。

日焼けどめクリームを付けるときは、肩や、鼻、おでこの様な、紫外線を浴びているところは、頻繁に付け直して下さいね。

午前10時から、14:00までのあいだは、紫外線が凄く多量ということをみて行動をすると良いです。紫外線の多くなる季節じゃなく、一年を通じて、紫外線対策を気にかけることが肌の為です。